婚礼施設運営代行

2014/3/4

業績アップ

婚礼施設開業・運営代行

ウエディングの資格について

2015/3/9

コラム

ウエディングの資格ってどこが大事?

ブライダルコンサルティング

2014/3/4

業績アップ

ブライダルコンサルティング

フリーランスウェディングプランナーと会場との連携

2014/7/3

IWPA

会場とフリーランスウェディングプランナーの組織的連携

最近の記事過去の記事

関連サイト

会社案内会社案内をもっと見る

谷藤進

2014/3/8

代表谷藤進紹介

ご挨拶 ブライダルは特殊性が強く、その特殊性を理解しなければ、ブライダルのソリューション…

掲載記事掲載記事をもっと見る

ミニキャンドル

2016/12/9

連載記事2016年11月-2 ウエディングにおける美容着付スタッフの重…

連載記事2016年11月-2 ウエディング当日における美容着付スタッフがなぜ重要か? …

IWPAIWPAについてもっと見る

IWPAの運営

2014/7/5

一般社団法人IWPA国際ウエディングプランナー協会の運営

2006年、IWPA JAPAN(国際ウエディングプランナー協会)を設立、ブライダル業界の…

コラム

  1. ケーキトップ
    フリーランスウエディングプランナーが新たなる局面を迎えている。 手を上げれば、今日からでもその…
  2. ラブレターセレモニー
    ブライダル及び関連業界に30年以上もいると、見えなくてもいいことがたくさん見えてくる。人間は、知らな…
  3. IWPAのビジョン 7月21日(木曜日)第6回目のIWPA全国大会が東京マリオットホテルで開催…
  4. 掲載記事
    企業の本来の使命 もっと、企業は引き受けた社員の生活や将来を真剣に考えなければならないはずだ。…
  5. 掲載記事
    クレイジーな企業の実態 サービス業とはどういうものなのか サービス業を生業にしている企業がサー…
  6. 掲載記事
    プランナーも人間なのに。 なんだかんだ言ってもプランナーとて人間だ。どんなに優秀だとしても過ち…
  7. 私が運営している協会のことで恐縮だが、毎年7月に行われる年次大会が迫ってきた。 2011年から…
  8. 日本が発展し、経済大国になるプロセスの中で、「人」すなわち「人材」の育成は必然性を伴い、どんな企業も…
  9. フリーランスウェディングプランナーと会場との連携
    私はウエディングの専門家として、比較的ウエディング情報でWEB に触れることがに多いが、そのたびにス…
  10. 2016/2/8

    警告!
    私は、ブライダル関係のさまざまなジャンルの仕事をしているが、その中で最近特に増えてきているのが、新郎…

社長のリハビリ日記

  1. リハビリ日記

    2015/3/1

    歩行不全Ⅱ
    今日は、一週間ぶりにリハビリに出かけた。最近は寒いせいか顔面の激痛が猛威を振るい毎日襲ってくる。特に…
  2. リハビリ日記

    2015/2/22

    私の知人
    私の知人に、横浜に住む女性がいる。年齢も私とほぼ同年代であるが、彼女も私と同様、病期ではないが後遺症…
  3. リハビリ日記

    2015/2/18

    激痛の悪化
    今日もさざんかの坂を上って、リハビリの為に身障者スポーツセンターに行った。とても寒いらしいが、私は左…
  4. リハビリ日記
    今日は、土曜日、「いい夫婦」の日で、結婚式は、結構人気のある日だ! これとは、全く関係ないが、…
  5. リハビリ日記
    今日は、会社の定休日なので、珍しくアポイントも入っていないので、さざんかの坂の可憐で清楚な花も見たい…
ビットマップへの問合せ
ビットマップアクセス
IWPA国際ウエディングプランナー協会
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る