私の知人

私の知人に、横浜に住む女性がいる。年齢も私とほぼ同年代であるが、彼女も私と同様、病期ではないが後遺症による激痛に悩む一人だ。先日、その激痛の状態を聞いたが、私の激痛の程度をはるかに超えるものかもしれない。

母一人子一人で暮らしているが、お母様は84歳になるようだが、激痛に襲われた様子を見て「一緒に死のうか」と言ってくれるそうだ。激痛に襲われると何が何だか分からなくなるそうで、家の中が、まるで空き巣に荒らされたようにな状態になるそうだ。

この手の激痛は、なった人じゃないと理解出来ないと思うが、相当耐え難いものである事は確かで、私は身をもって体験しているので、その壮絶さは十分に理解出来る。ちなみに私の激痛を言葉で表現するならば、「コンクリートブロックを割って、そのザラザラした側面で、上から顔に押し付けられ、上下左右にガリガリと顔面を削られているような痛さ」だ。だから、私は今でもそんな時は、洗面所の鏡の前に立ってしまう。なぜなら、顔面から血や汁が出ていないか確認するためである。

彼女の激痛時の壮絶さを聞くと、涙が出るほどで、何とかしてあげたい、何とかならないのかと怒りに似たものが込み上げてくるが、私にはどうしてやることも出来ない。そのもどかしさからか物凄いストレスに襲われてしまう。多分、自分も同じ状態だから、自分とオーバーラップしてしまうのかも知れない。

私も外見上はなんら問題も無いように見えるらしいが、私の激痛は、状況によって痛みの強弱は多少あるが、常時襲ってくるもので、逆に言うとある程度痛みに慣れることもあるが、彼女の場合には、週に一度程度襲ってくるらしく、それもまた、私から考えると激痛を強烈に感じるスチュエーションだと思う。

現在の医学では、解決できないのだろうか?

私が考えるに、痛みの度合いは、本人が感じる痛さの基準になり、私の場合は目で見える症状がなく、実際に痛さの原因になっているのが、脳の誤認であり、感じ症状でも個人差が大きく、数値的にも認識できないために、なかなか治療法が見つからないのだと思う。

しかし、この激痛が自分の生活からなくなってしまったら、どんなに幸せなことだろうと思う。

以前にも申し上げたが、複視、左半身のしびれや、右半身の温痛覚麻痺、左声帯麻痺などは、取るに足りない後遺症である。

 

 

 

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る