散歩が楽しい!

散歩が楽しい!

 年を重ねると、若いときに想像もしえなかった身体の変調を経験するようになる。私の場合は、くも膜下の後遺症があるので、年齢相応の運動神経はなく、5年前の退院時、53歳にしてすでに70歳程度の運動神経しかなく、これ以上良くなくなることはないといわれた。

運動神経の機能は、70歳程度だと新陳代謝もそれ相応なのか、太りやすい体質なのか、少し食べただけで、ぶくぶく太るので、ここ数週間、かなり詳細なカロリー管理を行っているが、面白いいほどロジカルで、カロリー摂取量が基礎代謝を下回ると確実に体重が減る。

生活習慣もなるべく規則正しい生活を心がけるようにしている。後遺症の影響で、なぜか昼間は目や顔面が痛くて仕事ができないので、どうしても夜型になってしまう。しかし、身体にはよくないので、極力早寝早起きの朝方の生活リズムを定着させようと、毎朝散歩するようにしている。

自宅を出て、旧海岸通りに出て楽水橋を渡ると運河沿いの散策路になる。ここから歩いて5分ほどで結婚式なども行われるクルーザーも横付けできるおしゃれなレストランT.Y.HARBORもある。

私は、毎朝散歩のときにコンビニでパンを買って、ちょうどT.Y.HARBOR対岸で渡り鳥であり東京の鳥「都鳥」である「ゆりかもめに」餌をやる。運河に向けてパンの端切れを投げると、何処からともなく30羽程度のゆりかもめがやってきて、私の前でパンをねだりホバリングする。通常のカモメより少し小型でくちばしも細長く赤く、とっても愛らしいかわいい顔をしている。そのかわいい顔見たさに毎朝この場所に散歩に行くのが日課となっている。しかし、ゆりかもめは渡り鳥で、冬をすぎると北へ帰るのでその時が来るのがとても寂しい気がする。

餌やりがおわると軽くエクササイズをする。ついこの前まで、走ることなど不可能だと思っていたが、今は走るといってもジョギング程度だが、毎日500mほどだが走る。私は、心臓の手術も今年に入って3度も行っているので、心臓にあまり大きな負担を掛けることができない。基本的には心臓肥大なので、少し走ってもすぐ息が上がってしまう。

そのあと、運河沿いに点在する遊具的な老人用の椅子+健康器具のようなもので腹筋したり、屈伸したり、ぶら下がったりして簡単なエクササイズを15分ほど行う。これがとても気持ちが良い。私は、終日デスクに向かってパソコンを打つのが仕事の大半なので、身体がすぐに固まってしまうので、このエクササイズは、とても身体がほぐれ気持ちが良いのだ。

私は、左半身温痛覚麻痺なので体全体にあまり寒さは感じないが、エクササイズで汗ばぬと、今の季節寒い感じがする。その感覚が、すべて顔面や眼球に痛みとなって襲ってくる。北海道の生まれ育ちのわりに、ものすごく寒がりだったが、くも膜下の後遺症で寒さ暑さはあまり感じなくなってラッキーと思っていたが、その刺激が痛みとなって顔面を襲うのはちょっと厳しい。

今日も朝は寒かったので、散歩の帰りは顔を抑えながら帰路につく。帰りもきた道を戻るように帰るが、少し違うルートで帰る。とは言っても道路1本違えるだけだが、その途中に東京都卸売市場食肉市場を右目に通る。この卸売市場は、牛を食肉に加工する場所で、時々トラックに乗っている牛とフェンス越しに目が合うことがある。まるで何かを訴えるかのように感じてしまうことがあるが、いろいろと調べたると、牛は感情的や本能的に何かを感じているということはないという結論のようだ。このことを調べ当てて私の思い込みだったことに安堵し、それ以降食の恵みにただひたすら感謝の念を送っている。

私の住んでいるところは、東京都港区港南2丁目だが、周辺には歴史的にも興味深い場所が多く、毎日が新しいことの発見である。この年にして身体障碍者になってこそ体験できることが多くなったことは事実であり、現状にはとりあえず感謝である。毎日が本当に充実し楽しい。身体の調子も至って快調だが、今は薬のせいだと思うが、ふらつきが相当激しく歩行も不安定なのは事実だ。しかし、そんな状況には負けないという精神力を維持し、本当に人生を楽しんでいるので、リハビリのちょっとした苦痛も楽しさに代わってしまう。

ただ、先々週、大腸がんの再検査を通知され、若干憂鬱な気持ちも否めないが、早々に再検査に行こうと自分を奮い立たせているところだ。

 

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
ウエディングプランナー業務委託
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

ページ上部へ戻る