救急搬送

「救急車を呼んで」という叫び声にも似た声を聴いた、私のパートナーは、冗談だと思い
事務所と簡易ドアで繋がったサロンのソファーで横たわっている私を見て、
相当気が動転していたようだ。
それもそのはず、ほんの数十秒前まで、笑いながら打合せをしていたのだから。
私を先生と呼ぶパートナーは、弊社の取締役で現IWPA国際ウエディングプランナー協会の副会長でもある。
「先生、本当に救急車呼ぶんですか???」
「ああ、本当だよ」
「え~、番号は・・・救急車は114だっけ」
「いや、違うよ、119だよ」
普段、何があっても落ち着いている彼女もさすがに、混乱状態だった。

5分ほどだろうか。
比較的早く救急車が到着したの覚えている。
私は、頭の中に血液が充満してパンパン状態であることが分かった。
その瞬間、「俺はもう死ぬな」と思った。
そのさとりに似た何かが、妙に自分を冷静にしていた気がする。

救急隊の質問にも正確に答えていた自分を意識していたし
後々現在でもその救急隊とのやり取りは、鮮明に覚えている。
「伊藤さん、健康保険証が財布の中にあるから取って」

救急隊の方が、3階事務所から2階までしかないエレベーターで移動し
2階からは、階段で私を背負って下してくれた。
救急車に乗せられ、救急車のサイレンが鳴り響き、救急車が走り出した頃
随分サスペンションの固い車だなという記憶を最後にそれ以降1ヶ月間近い記憶が
今でも失われたままだ。

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
ウエディングプランナー業務委託
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る