激痛の悪化

今日もさざんかの坂を上って、リハビリの為に身障者スポーツセンターに行った。とても寒いらしいが、私は左半身が温痛覚麻痺のため殆ど寒さも暑さも感じない。

でも、寒い時には麻痺した左の鼻から鼻水が垂れてくるが、左顔面がしびれているので、鼻水が垂れていることに気づかず、恥ずかしい思いをすることもある。だから、鼻拭きのハンカチは外出時の必需品だ。また、熱い時には、病気になる前より汗をたくさんかくようになったので、トレーニングをしていると、シャツに絞るほどの汗がたまってる。

でも、そんなことは、取るに足りないことで、寒さが増すことで顔面の激痛が増す。激痛は、自分の平常心を維持できなくなるほどで、寝る時も痛さを緩和するために、お酒を飲むようになり、病期になる前には、アルコールなど1滴も飲まなかったが、今ではアルコール中毒になってしまったかと思うくらいお酒を飲むようになった。

お酒を飲むことで、熟睡でき、激痛を感じないで寝ていられる時間が確保できる。自分にとってはとても幸せな時間だ。とにかく、痛さを感じない瞬間すらもないほど激痛は1日中継続する。

いつになったらこの激痛から解放されるのだろうか?一生激痛から解放されることはないのだろうか?そんなことを考えていると憂鬱になってくる。

よく、どんな痛みかと聞かれるが、その痛さは表現しがたい。人と真剣に話をすれば少しはまぎれる。10時間以上睡眠を取った朝は、比較的痛みを感じない。

目が覚めて、痛さを感じない瞬間は、至福の時であるが、それは5分と続かない。

痛さがない幸せが、こんなにも至福の時だなんて、今まで感じたこともなかったが、人の幸せには、様々なものがあるんだなとつくづく感じさせられた。

さざんかの坂のさざんかは、今日も私を迎えてくれる。さざんかは冬咲く花で、12月~2月が花期だが、私には1年中咲いているような気がする。

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る