目覚め

とにかく、救急車に乗ってから、1ヶ月近くの記憶がほぼない中、
目覚めた瞬間の記憶というか幻覚というか、それだけは今も脳裏にしっかりと残っており
思い出しても、ぞっとする光景である。

多分、その目覚めの光景は、集中治療室にいた、2週間の間のことだと思う。
目が覚めて、まず目に飛び込んでくるのは、血のりのついた女性の生首だ。
大きい目を開けて、じっと私を見つめている。
私は、心霊現象とかそのたぐいのことが、大好きだが、反面物凄く恐怖を感じる。
いまだに、北海道の実家などに帰り、このような話をした後は、トイレに行くのを躊躇するほどだ。

しかし、この光景は、怖いというよりは嫌な感じだった。
夢か現実か、目の前のじっと見つめる生首を手でどけると、
そこには、誰が教えてくれたでもなく、80体の女性の裸体で病室が一杯だ。

足の取れている女性、腕がない女性、五体満足な遺体は少ない。
その光景は、まるで地獄絵図だ。
毎回目が覚めると、その光景が目の前に広がり、耐えられず目を閉じて
眠ることに専念した。

そんな日々が続き、一般病棟に移ったころから、目覚めの光景は一転し、
朝の光をまぶしく感じるさわやかな目覚めを感じるようになった。

その後、看護婦さんに地獄絵図の話を恐る恐るしてみたら、
あっさり、集中治療室では、そういう体験をする人は多いですよといわれた。

私は、集中治療室にいた時、1度は呼吸困難で器官を切開し、
その後、その期間に仕込んであるチューブを抜いて、大出血でベットが血の海になり
2度ほど死にかけている。

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
ウエディングプランナー業務委託
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る