あらためてショック!

今日は、月に一度の病院の日だった。
くも膜下出血で倒れた時に、私の命を救ってくれた主治医の先生とも
もう2年以上お世話になり続けている。
毎回、体調のことを報告して、それに対する意見やアドヴァイスを頂いている。

私は、最近仕事が大変忙しく、このような体になっても仕事が忙しいことは
感謝の極みであり、お世話になった人、なっている人にどう感謝の意を表して良いのか
とにかく、何とか形にしてお返ししようと思っている。

そうした中で、仕事が忙しいことにかまけて、リハビリに全く行っていないが、
最近どうも歩行不全が進んでいるようなので、先生に相談してみた。
通院を始めた当初より、何となく聞いてはいたが、
脳の病気は、よくなることはあまりなく、退院時の状態をいかに維持するか
という風に考えたほうが正解だから、リハビリは出来るだけ行った方がいいとのことだった。

確かに、そのことは、退院するときにも言われていたような気がするが、
時間と共に、自分に都合よく物事を考えてしまうのが人の常で、
いまでは、リハビリを続ければ元に戻るくらいに考えていた。

同じ病気の方のブログを見ても、よくなっても70歳くらいの運動能力までしか
戻らないということは認識していた。
しかし、先生の言葉を厳密に解釈すれば、退院時以上にはならないとのことだった。
どこかで分かっていたはずなのに、あらためて宣告されると
意外と大きなショックを受けてしまった。

歩行不全を除けば、どんどん改善していく自分を感じていたので
歩行の部分だけが、こんな状態なのは自分でも納得がいかないのだ。
しかし、よく考えてみると、左顔面の激痛は、悪化しているような気がする。
常に、起きている間中激痛は止まらない。

お客様や外部の方とお話をするときは、自分が痛いということを相手に伝わらないように
しなくてはいけないので、常に笑顔でいることを心がけており、
話がはずむと痛さもまぎれるので、なるべく人と話をするように心がけている。

現在の事務所兼自宅もバリアフリーだが、このバリアフリーが効果を発揮するときが
来てしまうのかも知れないと考えると、とても複雑な気持ちになる。
でも、とにかく死ぬまで前向きが私のモットーなので、暇を見つけて
出来るだけ、継続的にリハビリに通おうと決意を新たにした。

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
ビットマップアクセス
IWPA国際ウエディングプランナー協会
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る