後悔しない結婚式、新規見積はここを確認しろ!Part Ⅱ

私の知人は、400万円の初期見積が、最終的に800万円になってしまったというが、このケースは著名企業の社長の娘様の結婚式だった。既にリストラされてしまって、非正規社員で働いている知人の娘さんの結婚式では300万円の初期見積が、600万円になってしまった人もいる。後者の人は、キャンセルしようと考えたそうだが、その時にはキャンセル料も高額で、お金の蓄えもないので、結局200万円ほどのブライダルローンを薦められ、仕方なく結婚式の費用で新婚早々200万円の借金を追ってしまったそうだ。このような半ば詐欺的な販売方法で婚礼を販売している企業は、大手ほど多い。最終支払金額が、初期見積の金額の2倍になることは、通常商品では考えられないことだが、婚礼商品では、今やこうした手法を企業のノウハウと称しているところさえあるのだ。例えば、高級車を買う際に、どんなにオプションをつけたとしても、価格が2倍になることはないだろう。車の場合はグレード変更をすれば金額が2倍になることはあるので、婚礼においてもそうした説明が通ることもあるだろう。しかし、婚礼では、車のような明確なクラス分けがないし、車は乗りつぶそうと思えば、確実に10年は問題なく使えるが、結婚式はわずか数時間で消費してしまう。消費者にとっては非常に厄介な商品のだ。このような半ば詐欺的商法に砂を噛むような思いをしている方々はたくさんいて、このような消費者契約法に抵触するギリギリのところで商売をしているブライダル企業は、少なからずあるという現実に私は憤り以上のものを感じる。

上場企業は安心という常識は、今や神話となってしまった。これからは、消費者は、誰も守ってくれないので、出来るだけ商品知識を習得して、自分のことを守るすべを見出さないと大変な落とし穴があり、幸せな結婚式が、結果的に「結婚式なんかしなければよかった」という後悔になってしまう。

ブライダル業界では、その会場に初めて来館されたお客様をその日のうちに決定させる「即決」といわれるセールス手法があるが、何百万円もする商品を数時間で決めること自体がおかしなことであると言うことに気づくべきだ。仮予約がない、もしくは仮予約が有料の会場は、要注意の会場で、「即決」するために仮予約という仕組みを排除しているのだ。ましてや、「今日決めてくれたら、80万円値引きます」というようなことで即決に持ち込もうとしたり、「ご希望の日時の会場がなくなってしまうかもしれない」などと言ったりされるが、即決をあおるようなセールストークをまともに信用してはいけない。人気のある会場でも、通常の申し込み時期に予約が取れないほど会場がタイトなところはそう多くない。この時代、大安や友引という婚礼に適したと言われる日取りも、今ではそうこだわることもないように思う。

大事なことは、結婚式は人生最大の通過儀礼であり、打合せも挙式披露宴当日もすべて充実した楽しい思い出として心に刻むことである。

六輝(大安、友引・・・)に関しては、次回詳しく説明する。

こちらもご覧ください

TOP