連載記事1-1 本物のプロフェッショナルとは

目が覚めると、そこは病院のベッドだった。くも膜下出血発症から一か月後の平成24年7月20日。左手が極度のしびれで思うように動かない。左足も同様、左顔面が激痛、そして歩くことも出来ない。救急車で搬送された病院から、リハビリの為の病院に移る最終日、主治医が病室にパソコン付ワゴンを押しながらやってきた。退院の前に病状の説明をするとのことだった。発症から一か月間の記憶はほとんどない。「谷藤さん、あなたのくも膜下出血の出血量は即死の量でした。」と切り出し説明をしてくれた。しかし、即死状態、処置なし状態から、頭は正常に機能しているし、以前と変わらずおしゃべりも出来る、右手は普通に使える、歩行もままならないが何とかできる。これは、神様や私が代表を務めるIWPA国際ウェディングプランナー協会のメンバーのみんな、私を支援してくれる皆様が与えてくれた「最後の仕事が残っているよ」というメッセージだと思った。

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る