連載記事7:演出が結婚式の良し悪しの尺度ではない

披露宴を終えた直後の男性とたまたま話をしていたら、「やっぱり披露宴なんか、やらなきゃよかった」というので、どうしてと聞いてみた。その男性は、5度ほど友人の披露宴に出席した経験があり、会場には庭やプールがあって確かにきれいだったが、全く中身のない披露宴だったので、自分は披露宴をやるつもりはなかったというのだ。しかし、新婦の強い要望があり、結局友人たちと同じような施設で披露宴をしたが、やはり後悔しか残らなかったとのことだった。演出過多な挙式も、次々と薦められた披露宴演出も、やっている当人にさえ感動が無く、結局つまらなかったというのである。

本質を考えることが大切な時代にあって、未だに結婚式を「演出」と考えている人たちは多い。ただただ金儲けの手段として考えている輩は、多くの「演出」を考えて売ればビジネスになると考える。その結果、現代の若者にとって魅力がない結婚式になってしまい、結婚式をしない人が婚姻数の約50%にもなってしまった要因の一つになっている。

ある有名一流ホテルで挙式・披露宴を行う新婦父と話す機会があり、その方は、わりと有名な会社の社長さんだが、「やあ、参りましたよ。最初の見積が400万円だったのでまあそんなもんかと思っていたら、最終見積で800万円を超してしまって。」と苦笑していた。どうしたらホテルでそんなことが起きるのかと、最初は驚いたが、会場名を聞いて合点した。

普通のホテルではあまりそういうことは起きないが、そこは婚礼特化型施設が婚礼部門のオペレーションに入っているホテルで、同様な苦情をたくさん聞くんですよと教えてあげると、「そうなんですか、だからか!」といろいろ合点がいったようだった。この社長さんは、業界に近い位置で仕事をされているので、全く業界を知らない人ではない。

私は、この販売方法にどうしても納得することが出来ない。400万円の見積が800万円を超えるなら、外資系ホテルのように、最初から800万円の見積を出すべきだと思う。私も16年近くもホテルの現場で働いてきた経験者として、また、サービス業に従事していたものとして、このようなやり方に非常に憤りを感じてしまうが、このままで良いのだろうか。

ホテルは本来、地域社会に貢献し、生涯顧客を確保しなければ、ホテルビジネスとして成り立たないはずである。ホテルにとって生涯顧客は欠かせない存在であり、ブライダルの顧客は、最も生涯顧客になり易いのである。

婚礼特化型会場は、当たり前だが、婚礼以外の収入が無いわけだから、婚礼を受注できなければ、会社の前途はない。だからと言って、何でもやっていいということにはならないだろう。

ホテルが、その顧客を失うようなオペレーションをしては、それこそ将来の顧客を失い、気づいてみると草木も生えない荒野となってしまうだろう。ホテルには、ホテル感覚のオペレーションがあるはずだが、それを無視して、目先の利益に走り、ブライダル部門を外注してしまうホテルが目立つが、これでは、戦う前に白旗を上げているのと同じである。

ホテルマンにはもうプライドはないのかと嘆かわしくなる。

400万円の見積が800万円になるような事例では、いくらお客様が最終的にGO出しをしたと言っても、喜んで受け入れている人は殆どいない。現状の特に婚礼特化型会場のプランナーは、金銭感覚が麻痺しており、800万円の重みや意味を理解しておらず、単に1件の売上単価を競い合うなど、方向が全くお客さまの方向を向いていない。これでは、顧客満足など得られるはずなどない。

やはり、プランナーと新郎新婦は信頼関係で結ばれていることが理想像であり、新郎新婦もそれを心から願っているはずである。

 

 

関連記事

著作権・リンクについて

当サイトの記事、写真等の著作権は、当サイトもしくは、記事、写真等を提供頂いたかたに帰属しており、無断転載は禁止致します。画像や文章を許可なく転載された場合は、情報提供元より使用料を請求されることがあります。また、場合によっては、法的措置が取られる場合もございますので、無断転載は厳にお慎みくださいますようお願い致します。

当サイト記載の記事を引用される際には、正しく引用タグ(<q>タグまたは<blockquote>タグ)をご使用ください。また、必ず引用元を明記くださいますようお願い致します。

当サイトへのリンクは、原則として自由ですが、当サイトへのリンクであることを明記くださいますようお願い致します。但し、リンクが不適切と弊社が判断する場合は、お断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

ビットマップへの問合せ
IWPA国際ウエディングプランナー協会
テキスト
結婚式総合保険
アイウィッシュ
ユアスタイルウエディング

社長ブログ母の思い出

  1. 母の思い出

    2015-2-23

    母の面影1

    はやいもので、母が亡くなってから2か月が過ぎた。 母は、北海道に180平米以上もある家に一人暮…
  2. 母の思い出

    2015-2-14

    母の49日

    病床に就いていた母が、昨年12月14日に亡くなった。 私にとっては、91歳の母を頼りにしていた…
  3. 母の思い出

    2014-10-28

    綿のように軽かった母

    3ヶ月ぶりの秋の北海道の3日間の滞在は、最高の天候に恵まれた。特に最終日の穏やかさは、天変地異の前触…
  4. 母の思い出

    2014-7-26

    別れ

    来る時が来るかも知れない。そんな恐怖に襲われたのは、つい2日前のことであった。 兄貴から連絡があり…
ページ上部へ戻る